まだ他人と競争して消耗してるの?他人比較をしても意味がないたった1つの理由

模試や定期テストを他人と比較し、争っている受験生が多いように思えます。
そのような方に質問なのですが、自分の勉強の目的を把握できていますか?

多くの受験生は、綺麗事抜きに「第一志望校合格」のために勉強をしているはずです。
志望校に合格の要件は「合格最低点以上の点数を取ること」で、そのために勉強をしているはずです。
(大学の一般入試を想定しております。)

毎年の過去問・合格最低点・募集要項については書籍やWebページで確認することができます。
それらを眺めれば、合格するのに必要な目標点や勉強の方向性が見えてくるはずで、あとは目標点を満たすように自分で決めた勉強を黙々と行うだけです。
目標点や勉強の方向性の決定に他人は一切関わってきません
これが他人比較をしても意味がないたった1つの理由です。

目標点は過去の合格最低点や募集要項(定員など)で決めることができますし、勉強の方向性は過去問や募集要項(アドミッションポリシーなど)で決めることができます。
他人との学力の比較で決めることではありません。
(志願者数の増減や志願者の学力レベルの上下による合格最低点への影響が全くないということはないでしょうけど、これらをあらかじめ見込んで目標点を設定しておけば良いだけですから、結局他人は関係ありません。)

他人との比較により自分の方向性が曲げられて、その曲げられた方向性に沿って勉強を進めている時点で、おそらく何かしらの無駄が発生してしまいます
他人に惑わされず、自分で決めた方向性を大切にして日々勉強に励みましょう。

頑張ろうと決意しても、結果は何も変わらない理由

決意を新たにしても、結果は何も変わらないたった1つの理由

2018年7月18日
ノート作り

まだノート作りしてるの?ノート作りをしない方が良いたった1つの理由

2018年8月1日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)