CDがない英語教材の音源を作る方法【英文の音声は自分で作りましょう】

大学受験生

CDがない英語の教材を音読したいんだけど、綺麗な発音を身につけるために音源が欲しい。
誰か作ってくれたりしないだろうか…。

こんなお悩みにお答えします。

英文の音源は自分で作れます。

以下の流れで英文の音源作ることができます。

参考書の写真を撮って英文を読み込みましょう

画像の文字を読み取ることができるアプリがあるので、それを使います。
オススメは「OCR」です。実際に使ってみたのですが、読み取り精度が高くて使いやすかったです。

画像、写真から文字を認識するOCRアプリ

画像、写真から文字を認識するOCRアプリ
開発元:Gen Shinozaki
無料
posted withアプリーチ
 

試しにスティーブ・ジョブズの有名なスピーチの原稿を印刷したものを読み取ってみます。

印刷したものがこちら。

今回はデモなので、1枚だけ使います。

真ん中の英文だけが画面に収まるように、真上から写真を撮ります。

これをOCRで読み取ります。
一番上の「Gallery」を選択すると写真ライブラリにアクセスできます。

実際に読み取ったのがこちら。
基本的に正確に読み取れますが、たまに間違っていたりするのでそこは手動で直しましょう。

読み取った英文をGoogle翻訳に読み上げてもらいましょう。

先ほど読み取った英文を、全て選択してコピーします。

お次はGoogle翻訳の出番です。
翻訳はしないのですが、読み上げ機能があるのでそれを使います。

Google 翻訳

Google 翻訳
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ
 

Google翻訳を開くとこんな感じです。

こちらにコピーしたものをペーストします。

左上のスピーカーマークをタッチすると、綺麗な英文を読み上げてくれます。

CDがある英語教材を使うに越したことはないです。

以上の流れで英文の音源を作れますが、作る作業が手間なので、できればCDのある英語教材を初めから選ぶようにしましょう。
別の記事で紹介しておりますので、お好きなものを購入して使ってみてください。

音読

英語の長文音読の教材まとめ13選

2018年8月2日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)