【大学合格サロン】ケアレスミスが防げません。

注釈

この記事は私がオーナーとして以前に運営しておりましたオンラインサロン「大学合格サロン」でのやりとりを、加筆訂正した上でまとめたものです。

サロン生からの質問

Cさん

どうしてもケアレスミスが防げません。
ある時は解答欄を間違えて本命校の試験で数学2点をたたき出し、ある時は証明の接続詞のミス(「ゆえに」とか「これより」などを何故か間違えていました…。)で減点、またある時は肝心な式を省いてしまいバツになるなど、毎回別のミスが繰り出してきてどう対策したらいいのかわかりません。
詰めの甘さってどのように防いでいますか。

質問を受けての議論

Yくん

自分ではそのようなことが起こる原因って何だと思いますか?

Cさん

それがどうしてもわからないのです…。
焦りなどですかね。
リラックスを心がけてはいるのですが、毎回有り得ないミスをしてしまいます。

Yくん

まぁ焦りはミスを誘発しますもんね。
とはいえ中々ケアレスとはいえないレベルのことを多くやられてますね。笑

Cさん

そうなんです。
しょうもない(?)けど致命傷なミスが最近連発しています。12月に試験があるのですが、このままではかなりまずいです。

Yくん

思いついたのは「見直しをする時間を絶対に作る」とかですかね。
「試験の〇分〜〇分の時間帯は必ずチェックに当てる」とか。

Cさん

なるほど〜!目安にもなるしいいですね!
見直しの回数を増やすことにします。それで解答欄ミスも防げるかな…。汗

Yくん

あとは、式の省きや接続詞に関しては、おそらく記述式の対策(練習?)があまりできてないのでは無いでしょうか。
自分が間違える意識があるならその練習も必要かと思います。

Cさん

確かにすぐ終わる演習ばかりに気が取られている気がします。早速取り掛かります。
ありがとうございます!

Yくん

いえいえ!

ケアレスミス

ケアレスミスがなくならない3つの理由【見直しをしてもケアレスミスはなくなりません】

2018年7月22日
センター試験

【マークミス】センター試験で失敗しない3つの方法【マークずれ】

2018年7月29日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)