親に不満を持っている中高生へ

あくまで1つの考え方です。
現実的、社会的に不適切な部分があるかもしれませんが、そのことをご了承の上お読みいただけますと幸いです。

「子どもの人権をまもるために」という本を読んでいて思いついたポストです。

10代の方は、ご家庭に何かしらの不満を持っていると思われます。
精神的・身体的・経済的虐待とまでは行かずとも、親に対して何も不満を持っていない方は少ないと思われます。

そんな恵まれない方を救いたいという方や組織も多いのですが、今の法制度では周りの人間がご家庭に介入することはかなり難しく、親からどんなにひどい処遇を受けてもその環境で生き延びるしかありません。

ただ、20歳になれば法的に大人と同等の扱いとなり、かなり自由になります。

そこで、伝えたいことが2つあります。

頑張って20歳までは生き延びてください

20歳になるまでに心が折れそうなほど辛いことがあるかもしれませんが、20歳になればありとあらゆる面で周りから独立できます。
20歳の時点で金銭的、肉体的、精神的な様々なハンデを負っているかもしれませんが、なんとか巻き返して幸せを掴むことはできます。
なんとか耐えて欲しいというのが私の願いです。

20歳になるまでにあらゆる知識を蓄えておきましょう

学校の勉強でなくても構いません。というよりむしろ、学校以外の勉強(民法、最先端技術、金融、ビジネススキルetc)をしっかりして実社会で生き残れる素養を身につけましょう。
知識があれば専門職にありつけたり、起業して大金を稼ぐことも可能です。
堀江貴文さんも孫正義さんも林修さんも与沢翼さんも、他人が驚くくらい貪欲に学んできた過去があるからこそ今あそこまでの活躍ができております。

知識の有無や脳のスペックが自分を救えるか否か、将来稼げるか否か、幸せになれるか否か、人生を巻き返せるか否かを大きく決めます。
20歳になるまで厳しい環境に居てなかなか勉強が厳しい方もいるかもしれませんが、機会があれば貪欲に学ぶようにしましょう。

最後に

親は選べません。
「親を大切にするように」と学校などで教わるはずですが、全員の親が素晴らしいわけではなく、すごく未熟な親も多いです。
そんな親に苦しめられ、どこにも逃げ場のない方も多いと思われます。

私はそんな方に伝えたいです。

生き延びてください
希望を捨てないでください

何かお力になれるかもしれません。
何か辛いことがあればコメント欄かお問い合わせフォームからご連絡頂けますと幸いです。

進路の悩みを解決する2つの方法

進路の悩みを解決する2つの方法

2018年7月18日
海外

【日本の大学は終わっています】将来の役に立つ記事6選【海外を基準に考えましょう】

2018年10月1日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)